2009年5月22日金曜日

.Net Framework

.NET Frameworkとは 【.NETフレームワーク】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
Microsoft .NET対応アプリケーションの動作環境。クラスライブラリの集合体という形で提供される。

 .NET対応アプリケーションソフトは、コンパイル時に.NET Framework用の中間コード(「MSIL」と呼ばれる)に変換され、.NET Frameworkのランタイムが中間コードを再コンパイルし、OSごとのネイティブコードに変換して動作する。

 したがって、.NET対応アプリケーションは、.NET Frameworkがインストールされている環境であれば、OSなどに依存せず動作することができる。

 Java仮想マシンに近い性格を持つが、.NET Framework自体は特定の開発言語に依存しない。Microsoft社が提供する主要な開発言語であるVisual Basic/C++/C#などのほか、サードパーティがこれ以外の開発言語を.NET Frameworkに対応させることもできる。

 .NET Frameworkはランタイムとして動作するため、.NET対応アプリケーションを動作させる環境では必ずインストールが必要になる。Windows 98/NT 4.0以降のWindowsに対して.NET Frameworkが用意されるが、この他のOS上で動作する.NET Frameworkを作成することも可能とされている。


.Net Frameworkの役割
① アプリを中間コードに落とす
② OSに合わせてコンパイル

なるほど。OSに関わらずそのソフトを使えるようにするためのものなのね。今までPoderosaとかで使ってたけど、やっと意味がわかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿