2009年6月11日木曜日

MLHGRの差に関して。

CASMOとHIDEC-ALLISの差に関して。

1、NORMAライブラリのドプコン、「吸収の3%」から「冷温状態を使った線形補間」に変更すると、 CASMOとHIDEC-ALLISそれぞれのSIMULATE計算結果間の差に近いものが得られた。
2、CASMOとHIDECの燃焼点数を調べてみると、冷温状態20GWd/t以降の燃焼点が異なる。
3、増倍率の差が出始めるサイクル燃焼度2GWd/tにおける、最高燃焼度は7.3GWd/t。サイクル燃焼度3GWd/tでは、14GWd/t。

MLHGRの差の原因は、冷温状態の燃焼度点数が異なるから?

でも、冷温状態の燃焼度点数が同じB68でJ33と同じ様な差が出ないのは、なぜ?

加えて、NORMAライブラリで追加されたのは、冷温ブランチだった。
冷温ブランチの燃焼度点数も違ってたりしないかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿