2009年10月13日火曜日

ディスプレイ

1、CRTディスプレイ
CRTとは、ブラウン管のこと。
どの角度からも見やすいが、奥行きが長く、消費電力も大きい。
CRTディスプレイとは 【CRT display】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典


2、液晶ディスプレイ
液晶という物質には、電圧をかけることで分子の配列が変わり、光を通さなくなる性質がある。液晶の表面にはRed、Blue、Greenのフィルムが張ってあり、液晶のうしろから光を当てると、電圧がかかっていない部分のみ色が表示される。

3、プラズマディスプレイ
プラズマ放電による発行を利用したディスプレイ。液晶ディスプレイより見やすく、高速で表示出来るが、消費電力は液晶より大きい。

4、有機ELディスプレイ
電圧をかけると自ら発光する有機物を利用したディスプレイ。液晶より表示が早く、見やすい上に、消費電力も液晶並に低い。しかし、寿命が数千時間と短い。携帯などで利用されている。

5、FED・SEDディスプレイ。
CRTに似た原理でCRT並に見やすいが、消費電力はCRTの半分。

0 件のコメント:

コメントを投稿