2009年10月16日金曜日

xinetd、インターネットスーパーサーバー

Xinetd とは
インターネットスーパーサーバーとは、インターネットサービスを提供するプログラムの代わりに接続要求を待ち受け、接続要求があった時に各サービスを提供するプログラムを起動するものである。伝統的なソフトウェアとしてinetdが長く使われてきたが、inetdはセキュリティが脆弱だった。主にこの点を改良したのがxinetdである。


Linuxサーバを起動頻度によって分けると、大きく2つに分けられる。
1,常駐するサーバ(httpd,named,xinetdなど)
2,接続要求があるたびに起動するサーバ(pop3dやftpなど)

接続要求があるたびにそのサーバの起動を行うサーバが、xinetd(inetd)。
ポート監視用デーモンプログラム。
xinetdにおいてポートスキャン、最大サーバ数、アクセス制限を行える。

xinetd の設定

0 件のコメント:

コメントを投稿