2010年4月6日火曜日

Andoridアプリ開発環境

やり方はここ。
art's tech 【環境構築】Android SDKの導入 その1

art's tech 【環境構築】Android SDKの導入 その2


0、[JDK] JDKのインストール
JREは実行環境のみ、JDKは開発環境も含む。
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html
ユーザー認証はスキップ可能。

1、[SDK]Andorid SDK のインストール
これは、Andoridアプリ開発キット。
http://developer.android.com/sdk/index.html
やることは、ダウンロード、パス設定(C:/*/andori-sdk-windows/tools)。
※ パス設定はいらないかも。EclipseのSDKロケーションで設定する?



2、[SDK] SDKのターゲット(プラットフォーム)を追加インストール
SDK Tools, Revision 4 にしたら Target がなかった - 趣味はデバッグ……SDKr3 以降、SDK Platform などは次のように別途ダウンロードしなければならないようです。


3、[Eclipse] Eclipse のインストール
オープンソースの開発環境。
Eclipse IDE for Java Developers (92 MB)パッケージをダウンロード
http://mergedoc.sourceforge.jp/
日本語化は、
http://sourceforge.jp/projects/mergedoc/releases/
で「pleiades_1.3.1.zip」をダウンロード。
1、features、pluginsのフォルダ内のファイルをEclipseのfeatures、pluginsにコピー。
2、eclipse.iniの最終行に以下を追加。
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-clean


4、[Eclipse] ADTプラグインのインストール
[help]-[install new software]-[Available Software]
URL:http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/site.xml
[Add]
[Android Plugin]


5、[Eclipse] SDKのパスを設定
[ウインドウ]-[設定]-[Android]
SDKロケーション:share\android-sdk-windows

 
6、[Eclipse] JAVAの設定
ウィンドウ-設定-JAVA-インストール済みのJREで、追加を選択。
0でインストールしたパス(C:\Program Files\Java\jre6)をロケーションとして設定。
選択してOK。


7、[Eclipse] AVDの作成
art's tech 【環境構築】Android Virtual Deviceの作成


コマンドラインから、「> android -v」で、Android SDK and Managerを起動。
Eclipseガリレオからは、起動できなかった。Eclipseの設定がまずいのかも。
で、Eclipse3.5をインストールしてみる。
http://mergedoc.sourceforge.jp/
これらは間違い。原因は、「EclipseでSDKのパス(SDKロケーション)が設定されていなかったから」

0 件のコメント:

コメントを投稿