2011年9月19日月曜日

jettyのインストール

ここにはapacheとの連係とかも書いてある。

① jettyをDLしてinstall
$ sudo wget http://dist.codehaus.org/jetty/jetty-hightide-8.0.0/jetty-hightide-8.0.0.v20110901.tar.gz
$ sudo tar -xzvf jetty-hightide-8.0.0.v20110901.tar.gz

② jettyの起動設定
$ sudo cp bin/jetty.sh /etc/init.d/jetty
$ sudo chkconfig --add jetty
$ sudo chkconfig jetty on

③ 動作ユーザの設定
$ sudo adduser jetty
$ id jetty
uid=504(jetty) gid=504(jetty) 所属グループ=504(jetty)

/usr/local/jetty-hightide-8.0.0.v20110901/etc/jetty-setuid.xml を作成
/usr/local/jetty-hightide-8.0.0.v20110901/etc/jetty.conf を修正

④ jettyを起動してみる。
$ java -jar start.jar
http://192.168.11.3:8080で確認
停止はCtrol + d
これやらないと、サービスから起動出来なかった。

⑤ サービスから起動
/etc/init.d/jetty start

※ 気がついた。
/etc/init.d/jetty startで起動すると、
ドキュメントルートが、/usr/java/defaultとか指してる。。
結局、JETTY_HOMEが効いていないんじゃ?

$ java -jar start.jarで起動すると、
ドキュメントルートが、/usr/local/jetty-hightide-8.0.0.v20110901/webappsになる。

jettyの起動スクリプトの中を見るとデバック用のコマンドがある。
$ /etc/init.d/jetty -d
JETTY_HOME = /usr/local/jetty-hightide-8.0.0.v20110901
JETTY_CONF = /usr/local/jetty-hightide-8.0.0.v20110901/etc/jetty.conf
JETTY_RUN = /tmp
JETTY_PID = /tmp/jetty.pid
JETTY_ARGS =
CONFIGS = --pre=etc/jetty-setuid.xml --pre=etc/jetty-logging.xml
JAVA_OPTIONS = -Djetty.home=/usr/local/jetty-hightide-8.0.0.v20110901 -Djava.io.tmpdir=/tmp
JAVA = /usr/java/default
RUN_CMD = /usr/java/default
Usage: jetty [-d] {start|stop|run|restart|check|supervise} [ CONFIGS ... ]
これ見る限り、JETTY_HOMEは設定されている。

どうやってドキュメントルート変更するんだろう。。






これでjettyが動くようになった。
apacheやnginxと連動する際は、
そいつらをproxyとして
jettyに送るのかな。。

0 件のコメント:

コメントを投稿