2011年10月23日日曜日

unite.vimのインストール&使い方

unite.vimのインストール方法をまとめる。

下準備


1、pathogen.vimのインストール
.vim/bundle/以下を、.vim/以下と同じように読んでくれるプラグイン。
他のプラグイン管理を楽にできる。

$ git clone git://github.com/tpope/vim-pathogen.git
$ cp vim-pathogen/autoload/pathogen.vim ~/.vim/autoload/

2、vimprocのインストール
vimscriptからシェルのコマンドたたくときとかに使う。

$ cd ~/.vim/bundle
$ git clone git://github.com/Shougo/vimproc.git
$ cd ~/.vim/bundle/vimproc
$ make -f make_gcc.mak

unite.vimのインストール


1、unite.vimをインストール

① インストール
$ cd ~/.vim/bundle/
$ git clone git://github.com/Shougo/unite.vim.git

② vimrcにキーバインドを設定
以下をvimrcに書き込む。
" insert modeで開始
let g:unite_enable_start_insert=1

" buffer 一覧
noremap  :Unite buffer -direction=botright 

" file 一覧
noremap   :UniteWithBufferDir -buffer-name=files file -direction=botright 

その他、ソースのインストール


1、unite-grepをインストール
grepした結果をuniteで表示する。
$ cd ~/.vim/bundle/
$ git clone git://github.com/Sixeight/unite-grep.git

2、自作ソースのインストール
結構簡単にソースを作って使う事ができる。
function抽出のためのuniteソース
mysql接続先変更のためのuniteソース
bazaar操作のためのuniteソース

0 件のコメント:

コメントを投稿