2011年11月5日土曜日

octaveでもsvdができるらしい。

1、octaveをインストールする。
どうやらEPELレポジ鳥にパッケージあるらしい。

① Centos6にEPEL
$ wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm
$ sudo rpm -ivh epel-release-6-5.noarch.rpm

② octaveをインストール
$ sudo yum install octave


実質ここまで。。



2、octaveを使ってみる。
liboctaveの基礎

いまいちまだ使えん。


3、octaveで特異値分解
Octave C++で数値計算

※1 SVDを入れると、
「undefined reference to~」ってエラーが要所要所で出る。


※2 octaveをコマンドラインから実行すると、
「octave: error while loading shared libraries: libhdf5.so.6: cannot open shared object file: No such file or directory」というエラーが出る。


yumprovidesで調べても見たが・・・、よくわからん。
$ yum provides \*/libhdf5.so.6
hdf5は最新が入ってる。



調べてみると、同じ症状の人がいた。
シンボリックリンク張ったらとりあえず動いたが。
いいのかこれ。
$ sudo ln -s /usr/lib64/libhdf5.so.7 /usr/lib64/libhdf5.so.6

0 件のコメント:

コメントを投稿