2011年11月20日日曜日

河野君が作ったReadItLater.phpを使ってみる。

1、Zend frameworkのインストール
ここに書いてある感じで。
Programer's Reference Guide

Zend Frameworkのダウンロード
アカウントを作る必要がある。

②phpのincludeパスにを通す。
; Zend Framework 
include_path = "/usr/local/share/ZendFramework-1.11.11/library"



2、ReadItLater.phpをダウンロード
$ git clone git://github.com/aoiaoi/ReadItLater.git


また、ReadItLaterのAPIについては
API Documentationを参照。


3、自分のRILからリストを取得する。
get();
    $response_body = $response->getBody();

    // 
    $jobj = json_decode($response_body);  
    foreach($jobj->list as $item){
        echo "title : " . $item->title . "\r\n";
        echo "url   : " . $item->url   . "\r\n";
    }
?>

参考
戻りリストの取得


4、テキストの取得
text($url,$text_options);
    $text_response_body = decUnicode($text_response->getBody(),"UTF-8");   

?>

RILから返ってくるレスポンスはUnicodeで書かれているため、
UTF8に変換する必要がある(最後の行)。
Unicode変換ツール(PHP編)
これで行くか。

URLによっては、テキストを取得できない場合があった。。

0 件のコメント:

コメントを投稿