2011年12月1日木曜日

ssh回りの設定をした時のめも。

【ssh パスワードと公開鍵認証の違い】
sshについて


【ssh RSAとDSAの違い】
SSHでの暗号方式、RSAとDSAの違い


【ssh鍵の生成】
$ ssh-keygen -t rsa
$ cat id_rsa.pub >> $HOME/.ssh/authorized_keys
ssh-keygenによって生成されるファイルが2つ。
id_rsa :秘密鍵
id_rsa.pub :公開鍵

公開鍵のほうを接続先のサーバに設定。


【sshパスフレーズ入力省略】
ssh-agent
① bashrcとかに書く。
$ eval `ssh-agent`
$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa

※ これだと、ssh接続ごとにパスワードを入力する必要がある。

② keychainを使う。
keychain
「.bash_profile」に下記を書く。
keychain .ssh/id_dsa
. .ssh-agent-${HOSTNAME}


【sshfs】
① パスフレーズ
マウント:$ sshfs karino@server: /home/karino/@server
アンマウント:$ fusermount -u /home/karino/@server

② 公開鍵認証の場合
マウント:$ sshfs -o IdentityFile=/home/karino/.ssh/id_rsa karino@server: /home/karino/@server
アンマウント:$ fusermount -u /home/karino/@server


【sshのkeepalive】
/etc/ssh/ssh_configに、
ServerAliveInterval 120と書く。
これは、120秒毎に、ssh接続先にkeepaliveを飛ばす設定。

0 件のコメント:

コメントを投稿